■ あなたの健康(「広報まつど」のコラムより)

意外と怖い突き指のお話

(2021年10月15日号より)

 日常生活やスポーツの場面で、指先に物やボールなどが当たって「突き指」を起こすことがよくあります。受傷した直後から痛みがあっても特に大きな支障がなければ“ただの突き指”と軽く見てしまっていませんか?ところが突き指では、小さな指先に強い力が加わっているため、骨折、靭帯じんたいの損傷、腱や筋肉の損傷など、思っていた以上に重大な障害が起きていることがしばしばあります。しかし指先という小さな部位のため気が付きにくく、そのまま放置されることが少なくありません。

 早期に治療が開始されれば問題なく治るものでも、放置してしまったために手術が必要になってしまうケースや、いったん治ったようでも完治していないため痛みや機能障害が残ってしまうケースが多く見られます。突き指をしたらむやみに引っ張らず、まず患部を冷やし、安静を保つことを心掛けてください。突き指だからと油断せず早めに医療機関を受診しましょう。

▲このページのトップへ戻る

■ あなたの健康(「広報まつど」のコラムTOPページへ>>