■ あなたの健康(「広報まつど」のコラムより)

先天鼻涙管閉塞

(2008年12月15日号より)

どのような病気ですか?

 涙は涙腺(るいせん)で常に作られ、目頭にある小さい孔[涙点(るいてん)]から出て、鼻涙管(びるいかん)という管を通って鼻に抜けていきます。この鼻涙管の下端は胎生8ヵ月くらいに開きますが、生まれた時、まだ閉塞している赤ちゃんも多いようです。しかし、その後ほとんどが自然に開口します。これが、開かないときに本症が起こります。

どのような症状ですか?

 涙が鼻に抜けていかないので、涙がたまり、やがてここに細菌が感染して目やにが出るようになります。具体的には、次のような訴えが多くみられます。
① 目の潤み方に左右差がある。
② 目薬をつけていると改善するが、やめてしばらくすると、また同様に目やにが出る。
③ いつも同じ側に目やにや涙が出ている。
④ 同じ側の目尻がいつもただれている。
このような症状があり、一度も眼科を受診していない人、なかなか結膜炎(特に同じ側の目だけの結膜炎)が治らず、一度も通水洗浄をしていないで結膜炎とか内反症といわれている人は、早めに眼科を受診してください。通水洗浄は生後1ヵ月でもできます。

どのような治療を行うのですか?

 保存的には、涙道(るいどう)マッサージ、加圧涙道洗浄(水を鼻涙管にいれ水圧を加える)を行います。目薬は合併症の予防にはなりますが、この病気の治療にはなりません。
 外科的治療としては、ブロービングといって、細い針金(ブジー)を涙点から入れて、この膜を破ります。

いつ治療したらいいですか?

 涙道ブジー(ブロービング)の時期については、①涙道マッサージ・加圧涙洗・赤ちゃんの成長による自然開口が十分期待できるので、早期にするべきではないと考える医師と、②上記の方法で経過を観察している間に、慢性涙嚢炎(るいのうえん)や涙嚢周囲炎などの合併症を引き起こす可能性があるので、月齢にかかわらず早期にブジーを行った方が良いと考える医師がおりますので、かかりつけ医とよく相談し、それでもご心配な場合は、他の医師の意見も聞かれたら良いと思います。

▲このページのトップへ戻る

■ あなたの健康(「広報まつど」のコラムTOPページへ>>